海外のカジノ入場年齢は国によって異なる

日本ではカジノはまだ解禁されておらず、議論がされている段階ではありますが、日本でももし認可が開始され、営業が行われ始めると入場年齢はいくつに設定されるのかが問題になってきます。
現在日本の成人年齢は20歳ですが、18歳に引き下げられ、選挙権を持つことが予定されていますが、パチンコや競馬などに関しては20歳以上でないと遊ぶことが出来ないと設定される予定になっています。

国によってギャンブルを楽しむことが出来る設定年齢が異なり、成人年齢が異なりますので、海外のカジノへ遊びに行く際には入場可能かどうか事前に確認をしておくようにしましょう。
せっかく現地まで行ったのに、入場できなければ意味がありません。

日本では20歳で成人とされますが、海外のカジノの入場可は21歳以上からとしている国や地域は少なくありません。シンガポールやマカオなどは入場できるのは21歳以上です。

カジノの本場ラスベガスもプレイを楽しむことが出来るのは21歳からと設定されています。また、入場する際には外国人は基本的にパスポートなどの身分証の提示を求められますので、口頭で偽ったとしても必ずばれてしまいますので、正直に申告をするようにしましょう。