カジノ

ネットカジノの客が逮捕されてしまうことはないのか

ネットカジノは、日本では違法です。ただし、海外では合法な国もあります。合法な国なら、ライセンスを得て営業することができますから、運営しても問題ありません。日本では、開くことは明確に違法です。参加することについては、もし日本の業者が開いて、国内でそれに参加すれば、賭博に参加したことになるため違法です。しかし、海外で合法的に運営されているネットカジノに参加した場合は、本来であれば賭博をしていることになりますが、摘発されることはありません。

過去に、客が逮捕されたことはあります。オンカジブログ記事確認しましたか?「w88カジノのススメ」 これは、一応は海外のカジノに参加していた事例ですが、決済代行をしていた業者が日本の業者で、そこが胴元とみなされて、そこを通して参加していた客が逮捕されました。このように、胴元とみなされてしまった業者がいたので、客が逮捕されてしまいましたが、結局のところは、海外でお子合われているネットカジノに参加することが法的にどうなのかという判断は具体的には固まっていません。

ただ、少なくとも、運営主体が国外の会社である場合は、決済代行業者があっせんしたというような事情がない限り、現状では逮捕されることはありません。もちろん、今後どのような扱いになるかはわかりません。法律の解釈の問題であるため、もしかしたらそのうち変わる可能性もあります。したがって、プレイするかどうかは自己責任です。

海外のネットカジノの中にも、合法でないところはあります。ライセンスを取得していないところです。それは、利用しないようにしないと、トラブルに巻き込まれてしまう危険があるため、注意する必要があります。合法的に運営しているところは、きちんとライセンスを政府から発行してもらっています。それがあるかどうかは、ホームページに掲載されているので、チェックしましょう。

また、優良業者は、第三者機関の認証も受けています。第三者機関は、ライセンスの発行とは別の審査を独自に行っています。独立した機関であるため、評価は客観的になされますし、適宜監視を行い、どれくらいおペイアウト率になっているかどうかや、プログラミングに不正がないかどうかなどのチェックも行います。したがって、しっかりとした第三者機関からの認証を受けているネットカジノは、プレイヤーは安心してゲームを楽しむことができるようになっています。また、運営実績が長い業者は、不正がないからこそ長く運営していることになるため、信頼できます。

ネットカジノは日本だと賭博罪にあたる可能性

ネットカジノは、外国においては合法である国も多いです。しかし、日本では違法です。賭博自体が禁止されていて、日本で合法的に運営できる賭博は、特別法によって許されている公営ギャンブルだけです。それ以外は、運営をすると賭博開帳図利罪にあたりますし、参加をした場合は賭博罪にあたります。そのため、ネットカジノは日本で運営することができません。
ただし、諸外国で合法的に運営されているネットカジノに参加をする分においては、特に罪に問われることがないのが現状です。これは、外国で合法的に運営されているという点と、サーバーは外国にある点が強く影響していると考えられます。ただし、実質的に日本人が日本人向けに海外のネットカジノを運営してプレイさせていたという事例においては、摘発された事例があります。
オンカジ情報最新のおススメはこちら「オカダマニラベイリゾーツカジノホテル(フィリピン)

摘発されるかどうかについては、警察のさじ加減によって変わってきます。以前、外国の運営主体が運営していて、日本の業者が送金を行っていたという事例において、送金業者が実質的に運営者であると見られて摘発され、客も逮捕されたという事例があります。これにおいては、客側の一部が争って不起訴になっています。このように、現行法が改正されていなくても、法の解釈次第でどのようになるかわからないというのが、日本で海外のネットカジノに参加した場合の結論です。基本的には逮捕されることはありませんが、日本の業者が運営に関与したケースで摘発されることが多いです。そのため、もしやるのであれば自己責任でありますが、外国の業者が運営しており、日本人がかかわっていない所に参加するのが賢いといえるでしょう。

日本では、ネットカジノがありませんが、海外の合法的に運営されているところの中には、日本語対応になっているところもあります。つまり、ゲーム画面が日本語になっていて、日本語以外の言語がわからない場合であっても遊ぶことができます。そのため、もし遊ぶのであれば、こういったネットカジノを利用すると、言葉の壁という、ゲーム本来とは異なる壁にぶつかることはなくなります。日本語対応しているところも、大手であれば確実に運営主体は日本ではありませんから、プレイをしたことによって摘発されてしまう可能性は低いです。また、きちんとした運営主体によって運営されているネットカジノであれば、入金したお金が払い戻されないということはありませんし、配当率もきちんとしていて、いかさまなどはありません。

ネットカジノを利用するのは違法なのか

ネットカジノはインターネットを使ってオンラインでお金を賭けするゲームです。日本国内では賭博は禁止されていてゲームなどにお金を賭けてプレーすればその主催者は当然ですが、プレーしている人も罪に問われます。
お金を賭けてゲームをプレーして場合は罪に問われる為にネットカジノは全て違法性のあるものかと言うとそうではありません。賭博を禁止する法律はあくまで日本国内の法律であって海外では必ずしも同じように賭博を全面的に禁止する法律があるとは限りません。そのため運営する会社が海外の会社でサーバーも海外にある場合はプレーしていても違法性はありません。

プレーする場所が日本国内であってもプレーしているネットカジノの運営とサーバーが海外にあれば海外旅行の際に現地のカジノに出入りするのと同じなので、罪に問われる事はありません。日本国内で合法的に利用できるネットカジノは海外の会社が運営しているサービスになるので、運営会社が国内にはありません。そのため何らかのトラブルが発生しても相手が国内の会社の場合と比べて解決が困難になるので、利用するときは注意して利用するべきです。

ネットカジノはあくまでも海外に運営会社があり、日本国内に限定されない形で運営されているものならば合法的に遊べるというだけで運営会社自体が国内にある場合はいくらインターネットで遊んでいても違法賭博を行っている店舗で賭博を行っているのと変わらないので、運営元だけでなくプレイヤーも賭博の罪で処罰されます。
ネットカジノを利用する時は何も知らないままアカウントを作って入金してゲームをプレーするのは非常に危険な事なので、登録する前にそのサービスの運営元の情報などをしっかり調べてから利用するべきです。ネットカジノに対する法的な解釈はかなり微妙な部分が多くて、グレーゾーンと言われることも少なくありません。そのため利用する時に不明な点などがあれば良くわからないままにして利用するような事は避けるべきです。

利用すること自体が合法か違法かという問題以前に健全な運営が行われていないネットカジノも存在していて、そういったサービスを使うこと個人情報の漏えいや入出金を拒否されたりと様々な被害が出ます。そうならない為にサイト上で入出金に関することなどがしっかり明記されているか確認するのと口コミサイトや体験談が載っているサイトで利用者の体験談も参考にしながらサイトの利用を検討するべきです。
ブラックジャックを確率論&運で攻略!優位性を保つプロのかけ方」こちら見ていない方はチェック

ネットカジノをやると捕まるの?

ネットカジノをやると捕まるという噂がありますが、それは事実ではありません。日本の刑法では賭博罪と常習賭博罪という罪が定められているので、店舗ではもちろん、インターネット上でカジノをプレイしたら捕まります。ただし、賭博罪や常習賭博罪はお金をかけなければ成立しないので、リアルマネーをかけないカジノならば問題はありません。日本のサイトでもお金をかけないものや、現実の通貨ではなくインターネット上だけで使えるポイントをもらえるようなカジノならばあります。

電子マネーなどに交換できるポイントがお金にあたるかどうかという問題もあります。現在のところは、電子マネーなどは使用期限などが定められており、ショッピングなど特定の目的にしか使えないので、お金にはあたらず、賭博罪は成立しないようです。
日本でもお金をかけなかったり、ポイントをかけることができるカジノならば存在しています。しかし、リアルマネーをかけたネットカジノは基本的に存在していません。リアルマネーをかけてしまうと賭博罪や常習賭博罪にあたり、捕まるからです。ネットカジノを運営している会社だけでなく、そこでプレイしている人も捕まる可能性があります。

しかし、インターネットでネットカジノを遊んでいる人の多くは刑法には違反していません。それはなぜかというと、海外のサイトを利用しているという理由が大きいでしょう。海外にサーバーがおかれている場合には、海外の法律が適用されるようです。海外にサーバーがおかれていても、国内でカジノをプレイしていたら違法になるという法律がある国もあるようですが、日本では現在のところは、そのような法律はありません。
日本では、日本の住所でネットカジノをプレイしていても、サーバーが海外にあるならば違法とはならないようです。将来的にはネットカジノ自体を違法とする法律ができる可能性はあります。しかし、現在のところは違法とはなっていないので、安心してプレイをして大丈夫です。

まとめると、ネットカジノをプレイしても、リアルマネーをかけていないか、もしくはサーバーが海外にあるならば違法ではありません。しかし、積極的に法律によって認められている行為ではないので、法律による保護は十分ではないと考えておきましょう。もしもトラブルがあっても、運営している会社が海外にある場合には、請求をしたり、裁判をやるためのハードルはとても高いです。弁護士費用なども高額になるでしょう。しっかりと安全性の高いサイトであることを検証しておきましょう。
オンカジ情報最新のおススメはこちら「ブラックジャックを確率論&運で攻略!優位性を保つプロのかけ方

ネットカジノで摘発される可能性は

ネットカジノを利用する上で気になるポイントが、摘発されてしまう恐れがないのかということです。
日本は法律で賭博が禁止されていて、ネットカジノは賭博以外の何物でもありませんから、ここだけ見れば法に触れることになるためいつ摘発をされてもおかしくありません。
勤め人が逮捕をされるようなことがあってはまともな社会生活を営むことが不可能になってしまうため、万が一のことを考えると手が出しづらいものです。

それではネットカジノは利用をして捕まってしまう可能性はないのかというと、現状ではグレーゾーンの扱いとなっていて、摘発をされてしまう可能性は極めて少ないといえます。
ただし、いくつかのポイントを抑えておく必要があり、気をつけていなければリスクも高まってしまうので注意をしましょう。
日本国内では賭博が禁止されているということで、日本国内でネットカジノを運営している業者というのはありませんが、万が一運営をしている業者が日本国内にあり日本の業者だとすれば闇カジノと同様ですので、これは業者、利用者ともに捕まってしまうリスクが非常に高いといえます。
実際にはそのようなリスクをおかす業者はいませんから、心配しすぎることはありませんが業者が日本にあるとリスクは高まるということを覚えておく必要があります。
これが、海外の業者でその業者がある国ではカジノが認められていて、運営を許可されている場合業者が日本の警察に摘発されるということはありません。
賭博が禁止されているのはあくまでも日本の法律であり、その効力は海外には及ばないためです。

利用者側はどうなるのかというと難しいところがあり、利用をしている場所は日本であっても業者は海外にありカジノが認められている地域の出来事であるため、どちらの国の法律を適用するのかという問題があります。
次に誰がいつどこで利用をしたのかはっきりさせることが難しく、利用したことを立証しづらいため摘発も困難なものとなっています。
更に実際に摘発をされてしまったものの、不起訴処分となった例があるためネットカジノを利用したからと言って直ちに捕まってしまうこともなければ、前科がついてしまうということも現状ではないのです。

今のところはインターネットの時代に法律が追いついていないため、ネットカジノを利用したからすぐに捕まってしまうわけでもありませんが、警察や裁判所のさじ加減というところがあり、これから先法整備をされて違法になる可能背もあるので、利用をする際は慎重に行うようにしましょう。
ネットカジノマニアのブログ「W88カジノの評価評判/口コミレビュー」の記事はもう見ましたか?

ネットカジノで逮捕者が出たのは本当?

2016年に逮捕者が出たオンラインカジノの事件
英国にサーバーがあるオンラインカジノがあります。他のカジノと比較しても何ら問題がないように見えます。海外にサーバーがあれば、サーバーが設置されている国や地域の法律に従う必要があるので、日本国内で罰することはできません。しかし昨年、逮捕者が出たという事例があります。この逮捕には一般のオンラインカジノとは少し違う事情があったようです。まず日本国内に拠点があり、そのネットカジノの運営を直接行っていたという点です。
海外に拠点がありそこで運営されているなら罰せられませんが、この逮捕が出た案件はカジノ自体日本で運営して経理も行っていたということです。事実上国内で運営していたということで賭博法に抵触したというのが理由のようです。

決め手は運営を日本国内で行っていたこと
このカジノはサイトでは海外で運営しているというようなことを表示していましたが、実際にウェブサイトも経理も日本国内で行っていました。実態はサーバーだけが海外にあり、運営はほぼ国内にあったということです。今回逮捕ということになったことで、オンラインカジノで楽しく遊んでいた方は非常に不安を感じたはずです。
しかし通常のカジノサイトはすべて海外で合法的に運営されているものばかりです。日本で一般の方が楽しんでいるカジノは例えば香港やシンガポール、米国でリアルなカジノで遊んでいるのと一緒です。カジノのある国は政府がカジノ運営を許諾しているところも多く、良質なカジノはライセンスを持っています。試しにネットカジノのライセンスを確認してください。ライセンスがあるはずです。

国内に拠点があるのは賭博法違反になる
覚えておいていただきたいのは、国内で運用しているネットカジノは違法になります。先ほどもお伝えしたように、たとえサーバーが海外にあったとしても運営自体が日本にあれば違法になります。一般的に優良だと言われているネットカジノは海外で賭場が開かれ、運用されているものばかりです。2016年の事件は、日本のカジノだと知らずにプレイしていた方は対象になっていないようです。ただし運営側のディラーや運営者に関しては違法ということで罰せられています。ただし逮捕と有罪は別者です。例え逮捕されたとしても裁判で決着をつけて白黒はっきりさせるということもあります。数名逮捕されて、1人は不起訴になりました。
いずれにしてもカジノも競馬やパチンコと同様に合法的な環境を整える準備ができないと、国内運営は参加できないということだけはわかった事件でした。
オンカジ情報最新のおススメはこちら「パリジャンマカオカジノホテル

ネットカジノは罪になるのか

ネットカジノが罪になるのかと問われれば、確かにこれは賭博という罪になるということになるでしょう。お金を賭けて勝負をすることはネットカジノであっても変わりがなく、現実のカジノという店舗で行うか、それともネットというバーチャルな空間で行うかの違いだけであって、法律上はこの2つは特に区別されていないからです。ですが、法律上の罪ではあっても、実際に捕まるのかというと話が違ってきます。それは、賭博ではゲームに参加したいわゆる子だけでなく、賭博の親というか胴元も含めて捕まえることができなければ、日本の裁判においては実際には処罰することが難しいからです。
ネットカジノマニアのブログ「HuuugeCasinoの評価評判/口コミレビュー」の記事はもう見ましたか?

ネットカジノの場合、子は日本人で日本から賭けに参加しているとしても、親は普通は日本にはいません。オンラインでつながっているだけで海外の会社が運営している場合がほとんどだからです。こういう場合、海外に住む人に対しては日本の警察権や司法権が及びませんから捕まることもないということになります。ただし、これはあくまでも今の法律と裁判の仕組みでは処罰するのが難しいからということに過ぎず、その意味ではグレーゾーンです。今後、ネット時代に対応した法律に改正されたりすると、ネットカジノであっても捕まる可能性がゼロとは言えないわけです。今のところは捕まった人は皆無ですから、儲けるなら今のうちという言い方もできます。世の中に広まると、当局としてもいつまでも無視し続けることもできないかもしれません。

また、現在のグレーゾーン内であっても、場合によってはネットカジノで賭けをした人が捕まる可能性もあります。例えば、ネットカジノでのプレーを装う形で現金を賭け、勝ち負けに応じてその場で現金が払い戻されるようなギャンブルをすると、これは明らかにその場を取り仕切っている者が親であることは言い逃れのしようがありませんから、全員一網打尽で捕まる可能性があります。甘い言葉に誘われてこのようなプレーをするのは危険だということです。あるいは、そのネットカジノの運営会社が実は日本にあって、経営者は日本に在住しているという可能性も捨て切れません。ネットの画面を見ただけでそのカジノサイトが海外で運営されているのか実は日本で運営されているのかを見分けるようなことはほぼ不可能でしょうから、この点は注意する必要があるでしょう。ネット上の口コミなどを確認して、そのサイトが確かに安全であるのか確かめてからゲームを始めたほうがよいということです。

オンラインカジノの法律上の位置づけ

現在の日本の法律では、競馬やパチンコ、宝くじなど国が認めた種類以外のギャンブルを遊ぶことは違法となります。しかし、日本からゲームを楽しんでいるプレイヤーが多数いるオンラインカジノでは、裁判にまで発展したケースは見られません。オンラインカジノは現在のところ、明確に違法と判断する法律が存在しないため、グレーゾーンに位置すると考えられています。基本的に賭博法では、プレイヤーを有罪にするためには運営側も同じく有罪にする必要がある、という考え方があります。しかし、海外でその国の許可を得て運営されているオンラインカジノは、あくまでその国においては合法のため、日本の法律で裁くのが困難です。運営側を取り締まり裁くことができない以上、プレイヤー側のみを有罪にするのは難しいのが現状です。

実際に、現在まで日本においては過去に運営側を有罪とした判例はなく、今なおオンラインカジノは法律のグレーゾーン状にあります。もっとも、あくまで海外で合法に運営されている場合に限りますので、日本国内で運営されているサイトで遊ぶと違法と判断されます。これらの状況は、法整備によっては合法・違法それぞれはっきりと判断が行われる状況に変化することも十分に考えられるので、遊ぶのは自己の責任のもとに行いましょう。

ネットカジノをやって捕まることはあるのか

日本でも将来的にカジノの導入が検討されていますが、現時点では公営ギャンブル以外の賭博行為は法律で禁止されています。ただ、近年ではネットカジノが普及しており、日本国内でも取り組んでいる人は結構多いです。ゲーム数はとても豊富ですし、1回のプレイで大きな大金を手に入れることも可能となっており、還元率も非常に高くなっていることから、魅力を感じて取り組む人はたくさんいます。しかし、カジノの運営が解禁されていない日本で、果たしてネットカジノをプレイしても大丈夫なのでしょうか。また、遊んだことによって捕まるようなことはあるのでしょうか。
ネットカジノマニアのブログ「ルーレットを確率論/賭け方/運で攻略!プロの資金管理法」の記事はもう見ましたか?

まず、ネットカジノの運営会社は国内ではなく、海外に拠点を置いています。もちろん、その国ではカジノは合法となっているので、運営すること自体は全く問題ありません。ただ、日本人が国内で遊ぶことに問題はないか、そこが大きな焦点となります。例えば、日本人が海外に行ってカジノで遊ぶことは、言うまでもなく何の問題もありません。あくまで現地の法律が適用されるので、その国で合法となっているのであれば、罰せされることは一切ありません。しかし、ネットカジノに関しては国内で遊んでいるわけですから、それだけを考えると捕まるのではないかと思ってしまいます。ただ、運営会社はあくまでも海外ですし、サーバーに関してもその国に設置されているわけですから、理論的には海外のカジノで遊んでいるのと同じ状態となります。それを考えると、ネットカジノが違法とは言えませんし、遊んで捕まるというのも本来であればおかしいわけです。

もっとも、このあたりは議論も分かるところですし、明確に合法と言える根拠もありませんから、現状は捕まるリスクはかなり低いものの、100%絶対に大丈夫とも言えない状況です。また、法律が改正されれば合法か違法かがハッキリと分かる可能性もあるので、普段からプレイしている人は頭に片隅には入れておきたいところです。ちなみに、日本国内でネットカジノを運営したり、それをプレイしたりすることは確実に法律違反となってしまうので、それだけは絶対に避けるようにしましょう。あとは、あまりに賭け金が大きかったり、多額の利益を得た場合には、今度は税金の問題も発生しますから、基本的にはお小遣いの範囲で楽しむのが望ましいでしょう。あくまでも娯楽の1つであることに変わりはありませんから、趣味の一環として取り組むのが推奨されます。

オンラインカジノは違法ではないのか

ギャンブルに関しては日本には賭博罪という法律があり、国によってきめられている競馬や競艇、競輪や宝くじなど以外にお金を賭けて遊ぶことは禁止されています。友達どうしても厳密にはお金を賭けてゲームなどをしてしまうと、場合によっては賭博罪で逮捕されてしまいます。
ではオンラインカジノは違法ではないのかと疑問に思うかもしれません。オンラインカジノで逮捕者が出た事例もあるのですが、結果的には裁判になって不起訴という結果になっています。つまり違法ではないというわけです。では合法なのかといわれると、これも疑問符がついてしまいます。今最も勝ちやすいギャンブル勝率ランキングです!オンラインカジノは?←オンカジ最新情報こちらもチェック

オンラインカジノは合法でも違法でもない、グレーゾーンなのが現状です。なぜならオンラインカジノに関する法律が今のところはないからです。法律がないのですから、インターネットでお金を賭けてゲームを行っても罰することができないわけです。
ただし日本でオンラインで運営されている場合は、これは賭博罪に当たるので注意しましょう。サイトを選ぶときにはちゃんと海外の企業が運営していて、ライセンスを取得しているかどうかを確認しましょう。海外ならば賭博罪にはならないので、お金を賭けてゲームをしても大丈夫だといえます。