カジノ

ネットカジノは合法化されるのか?

インターネット上には多数のネットカジノが存在しており、日本語に対応しているサイトも少なくありません。単純にメニューなどが日本語化されているだけで、実際のサポートは英語が必要になるサイトもありますが、中には日本人スタッフによる対応をしているところもあり、国内にいながら本場のカジノを味わうことができるところもあります。

日本ではカジノを合法化にするかどうか検討されている段階ですので、もちろん国内にネットカジノを運営している会社は存在していません。法律で規制されているのは運営側に関してであり、日本人が海外のネットカジノを利用すること自体は問題ありません。それは日本人がラスベガスやマカオに行き、現地のカジノで遊んだからと言って違法にならないのと一緒です。逆を言えばネットカジノを利用することに関しては法律自体が存在していないため、まだ整備されていないのが現状なのです。違法ではありませんが、利用は自己責任で行わなくてはならず、もしトラブルに巻き込まれてしまったとしても自分で解決しなくてはなりません。

しかしネットカジノは非常に透明性の高い運営を行っているため、ルールさえ守っていればトラブルに巻き込まれる危険性は少ないでしょう。トラブルを避けるためにもできるだけ日本語サポートに対応しているところを選ぶのが良いです。特に入出金関係はトラブルが起きやすいので、事前にルールをしっかりと把握しておき、入金額に応じたボーナスをもらう場合には出金条件がつかないかチェックしておきましょう。中には入金不要のボーナスが貰えるネットカジノもありますので、情報は逐一チェックしておくとお得です。
カジノを合法化している国は130か国ほどありますが、ネットカジノに関する法整備も進んでおり、80か国近くが法律で正式に認めるようになってきました。中には国がライセンスを管理して厳しく規制しているところもあり、胴元がユーザーから搾取するようなことはできないようになっています。ネットカジノにはゲームもたくさんの種類があり、高クオリティーな映像によるオンラインスロットの他、リアルタイム中継されているルーレットやポーカーなども楽しむことができます。

気になるのがペイアウト率です。実際に店舗を構えているカジノでは様々な運営コストがかかっています。フロアに配備されている警備員の人件費やディーラー、機械を動かすための電気代やメンテナンス費用、土地代、清掃代などです。一方ネットカジノはこうしたコストの大部分をカットすることができるため、非常に少ない経費で経営をすることができています。その分ペイアウトを高くすることができるため、ネットカジノのスロットは実際の店舗型カジノのものよりも当たりを引く確率が高く設定されています。ユーザーにとっても気軽にいつでもプレイをすることができますので、ペイアウト率の高さと利便性が人気を押し上げている秘訣ともいえるでしょう。最近ではスマートフォンに対応しているサイトも増えてきているため、外出中のちょっとした小さな時間でも遊ぶことができます。日本人のスマートフォン普及率は非常に高いので、合法化されることになればさらにユーザーも増えていくことでしょう。

合法化されることは後ろめたい気持ちがなくなるだけでなく、確実にユーザーにとってもメリットが発生します。法整備が進むことによって入出金方法が増え、入出金にかかる手間やコストを少なくすることができるようになります。現在はクレジットカードやビットコイン、海外発行のプリペイドカード、電子マネーが主な入出金方法です。円に対応しているサイトも少ないのですが、日本で合法化されることになれば円を導入するネットカジノも増えることが予想されます。同じ通貨を使って取引をすることができれば、為替変動による損失を気にする必要もなくなります。

合法化するためには様々な課題もクリアしていかなくてはなりません。現在懸念されているのが、ギャンブル依存症になってしまう人への対応です。大部分の人は自分で規制することができますが、プレイヤーの数%程度が依存症になる可能性があると言われているため、アフターケアも提供していく必要があります。カジノを合法化することによって海外からのお客さんが増え、外貨獲得チャンスも生まれます。そのため外国人が増えることによって治安が悪化するのではないかという声もあります。しかし海外のカジノタウンを見ても、治安が悪化するような例は少なく、カジノは日本人にも雇用創出の機会を与えてくれます。ネットカジノが合法化されればオンラインスロットを開発することもできるようになるため、国内のゲーム会社やネット関係の会社でも制作が可能になります。何か新しいことをすれば必ずそれによるデメリットもありますが、保守的になりすぎずに世界の流れを見て、日本も法改正をしていく必要があるでしょう。

ネットカジノをやると捕まるの?

ネットカジノをやると捕まるという噂がありますが、それは事実ではありません。日本の刑法では賭博罪と常習賭博罪という罪が定められているので、店舗ではもちろん、インターネット上でカジノをプレイしたら捕まります。ただし、賭博罪や常習賭博罪はお金をかけなければ成立しないので、リアルマネーをかけないカジノならば問題はありません。日本のサイトでもお金をかけないものや、現実の通貨ではなくインターネット上だけで使えるポイントをもらえるようなカジノならばあります。

電子マネーなどに交換できるポイントがお金にあたるかどうかという問題もあります。現在のところは、電子マネーなどは使用期限などが定められており、ショッピングなど特定の目的にしか使えないので、お金にはあたらず、賭博罪は成立しないようです。
日本でもお金をかけなかったり、ポイントをかけることができるカジノならば存在しています。しかし、リアルマネーをかけたネットカジノは基本的に存在していません。リアルマネーをかけてしまうと賭博罪や常習賭博罪にあたり、捕まるからです。ネットカジノを運営している会社だけでなく、そこでプレイしている人も捕まる可能性があります。

しかし、インターネットでネットカジノを遊んでいる人の多くは刑法には違反していません。それはなぜかというと、海外のサイトを利用しているという理由が大きいでしょう。海外にサーバーがおかれている場合には、海外の法律が適用されるようです。海外にサーバーがおかれていても、国内でカジノをプレイしていたら違法になるという法律がある国もあるようですが、日本では現在のところは、そのような法律はありません。
日本では、日本の住所でネットカジノをプレイしていても、サーバーが海外にあるならば違法とはならないようです。将来的にはネットカジノ自体を違法とする法律ができる可能性はあります。しかし、現在のところは違法とはなっていないので、安心してプレイをして大丈夫です。

まとめると、ネットカジノをプレイしても、リアルマネーをかけていないか、もしくはサーバーが海外にあるならば違法ではありません。しかし、積極的に法律によって認められている行為ではないので、法律による保護は十分ではないと考えておきましょう。もしもトラブルがあっても、運営している会社が海外にある場合には、請求をしたり、裁判をやるためのハードルはとても高いです。弁護士費用なども高額になるでしょう。しっかりと安全性の高いサイトであることを検証しておきましょう。
オンカジ情報最新のおススメはこちら「ブラックジャックを確率論&運で攻略!優位性を保つプロのかけ方

ネットカジノと十三で摘発された闇カジノは別物

現行の法律では、日本国内でカジノを運営することは、例えオンラインでも禁止されており、先日も大阪、十三でインターネットを利用した闇カジノが摘発されたばかりです。しかしながら、ラスベガスやシンガポールといった、本場のカジノに行ったことがある人々は、1日も早く日本にカジノができることを待ち望んでいます。というのも、カジノの還元率は約97%と高率であり、日本の公営ギャンブルである競馬は約75%、最もポピュラーなパチンコでさえ約85%ですから足元にも及びません。したがって、カジノであれば、パチンコよりも高確率で稼ぐことができると思っている人が大半なのです。もちろん、単純に比較すれば、パチンコよりもネットカジノの方が稼げることは間違いありませんが、あくまでも優良なサイトを選んだ場合であり、十三の闇カジノなどで稼ぐことはできません。

そこで、パチンコよりも大きく稼ぐためには、優良なサイトを探す必要があります。ここで、大前提となるのが海外のサイトであることです。十三の闇カジノが摘発されたように、日本国内でカジノを運営することは法律で禁じられていますから、日本国内で運営されているものは、海外と同じサービス内容であっても違法ですから、優良であるとは言えません。したがって、海外で運営されており、その国のライセンスを取得したサイトであることが必須となります。というのも、ライセンスを取得した場合、運営者は、正しい還元率やサービス内容、売上げなどをその国に報告した上で、税金を支払わなければなりません。もちろん、虚偽の報告は許されませんから、優良なサイトであるか否かは一目瞭然となるのです。
オンカジ最新情報は「ワンダリーノカジノの評価評判/口コミレビュー」の記事がおススメ

こういった優良なネットカジノを探し出すには、口コミサイトがとても参考になります。口コミサイトでは、ユーザーからの生の声が聞けることは当然として、様々なネットカジノの紹介が成されていますから、ライセンス情報が掲載されている場合もあります。加えて企業が投資家や株主に対して提供するIR情報には、業績や今後のサービス展開にかかる方針などが含まれていますから、健全経営を行っているかが一目瞭然です。こういったIR情報については、公式サイトなどで確認することができます。つまり、こういった方法で検証した結果、優良だと判断されたネットカジノであれば、還元率についても信用のできるものですから、パチンコよりも稼ぐことは可能だと言えます。

ネットカジノで逮捕者が出たのは本当?

2016年に逮捕者が出たオンラインカジノの事件
英国にサーバーがあるオンラインカジノがあります。他のカジノと比較しても何ら問題がないように見えます。海外にサーバーがあれば、サーバーが設置されている国や地域の法律に従う必要があるので、日本国内で罰することはできません。しかし昨年、逮捕者が出たという事例があります。この逮捕には一般のオンラインカジノとは少し違う事情があったようです。まず日本国内に拠点があり、そのネットカジノの運営を直接行っていたという点です。
海外に拠点がありそこで運営されているなら罰せられませんが、この逮捕が出た案件はカジノ自体日本で運営して経理も行っていたということです。事実上国内で運営していたということで賭博法に抵触したというのが理由のようです。

決め手は運営を日本国内で行っていたこと
このカジノはサイトでは海外で運営しているというようなことを表示していましたが、実際にウェブサイトも経理も日本国内で行っていました。実態はサーバーだけが海外にあり、運営はほぼ国内にあったということです。今回逮捕ということになったことで、オンラインカジノで楽しく遊んでいた方は非常に不安を感じたはずです。
しかし通常のカジノサイトはすべて海外で合法的に運営されているものばかりです。日本で一般の方が楽しんでいるカジノは例えば香港やシンガポール、米国でリアルなカジノで遊んでいるのと一緒です。カジノのある国は政府がカジノ運営を許諾しているところも多く、良質なカジノはライセンスを持っています。試しにネットカジノのライセンスを確認してください。ライセンスがあるはずです。

国内に拠点があるのは賭博法違反になる
覚えておいていただきたいのは、国内で運用しているネットカジノは違法になります。先ほどもお伝えしたように、たとえサーバーが海外にあったとしても運営自体が日本にあれば違法になります。一般的に優良だと言われているネットカジノは海外で賭場が開かれ、運用されているものばかりです。2016年の事件は、日本のカジノだと知らずにプレイしていた方は対象になっていないようです。ただし運営側のディラーや運営者に関しては違法ということで罰せられています。ただし逮捕と有罪は別者です。例え逮捕されたとしても裁判で決着をつけて白黒はっきりさせるということもあります。数名逮捕されて、1人は不起訴になりました。
いずれにしてもカジノも競馬やパチンコと同様に合法的な環境を整える準備ができないと、国内運営は参加できないということだけはわかった事件でした。
オンカジ情報最新のおススメはこちら「パリジャンマカオカジノホテル

ネットカジノは違法なのか合法なのか

ネットカジノは違法なのか合法なのか。これについては色々と見解が分かれていて、これが正解という絶対的な答えはないようです。常識的に考えてみると、日本人が外国、ラスベガスやマカオに行って実際にギャンブルを行なったとしても日本に帰国してから捕まるということはありませんので、ネットカジノだけが違法だとは言い切れません。

ネットカジノも外国にサーバーがあって外国のサイトで日本人が遊んでいるというだけのもので、違法だという判例は今まで出ていないのです。
オンカジ最新情報は「1.富裕層が注目!オンラインカジノとは?」の記事がおススメ

例えば外国には日本人向けのポルノサイトが数多くあります。サーバーが海外にあって、海外で運営されているものを日本人が世界中に一瞬でつなげることができるインターネットで見る、保存するという行為が合法なのか違法なのかということは誰にも断定できませんし、流している側の業者を違法と言い切るのもグレーなことです。

実際、オンラインカジノを行なったとして裁判にかけられそうになった人が不起訴処分となったという例があります。グレーである以上、違法の嫌疑をかけてどんどんプレイヤーを捕まえてもただ無罪の人をたくさん出すだけの結果となり、警察は税金の無駄遣いをしていると言われて終わりになりかねません。

ただ、プレイヤーとしても注意点はいくつかあるのだろうと思います。ギャンブラーは、勝つとどうしても他人に勝利を自慢したくなってしまうもの。勝ちの額が多ければ多いほどその傾向があるでしょう。ただし、それでも我慢してSNSやブログに結果を報告すると、目立ちますし、当局からも目をつけられやすいだろうとは思います。チャットに個人特定をされる情報を書き込まないことも大事でしょう。

ネットカジノの問題については、2013年にすでに国会質問があり、質疑応答が行われています。これについての政府答弁は、捜査機関の個々の判断に対して判断をすることは差し控えたい、賭博罪に当たるものだろうという可能性もあるけれども、こういったネットカジノの違法性について政府が広報を国民に行うつもりは一切ないというもので、歯切れは大変悪く、政府が積極的に取締りを推進したり、違法性を宣伝したりすることはないという結論でした。

さて、捜査機関の勇み足という感じを強く印象としては受けるわけです。心配であれば、外国の各国政府が日本人向けに運営しているサイト利用をしてもいきのですが、今のところ神経質になってせっかくの楽しみを自粛してしまうのはもったいないと感じるわけです。

オンラインカジノの法律上の位置づけ

現在の日本の法律では、競馬やパチンコ、宝くじなど国が認めた種類以外のギャンブルを遊ぶことは違法となります。しかし、日本からゲームを楽しんでいるプレイヤーが多数いるオンラインカジノでは、裁判にまで発展したケースは見られません。オンラインカジノは現在のところ、明確に違法と判断する法律が存在しないため、グレーゾーンに位置すると考えられています。基本的に賭博法では、プレイヤーを有罪にするためには運営側も同じく有罪にする必要がある、という考え方があります。しかし、海外でその国の許可を得て運営されているオンラインカジノは、あくまでその国においては合法のため、日本の法律で裁くのが困難です。運営側を取り締まり裁くことができない以上、プレイヤー側のみを有罪にするのは難しいのが現状です。

実際に、現在まで日本においては過去に運営側を有罪とした判例はなく、今なおオンラインカジノは法律のグレーゾーン状にあります。もっとも、あくまで海外で合法に運営されている場合に限りますので、日本国内で運営されているサイトで遊ぶと違法と判断されます。これらの状況は、法整備によっては合法・違法それぞれはっきりと判断が行われる状況に変化することも十分に考えられるので、遊ぶのは自己の責任のもとに行いましょう。

ネットカジノで金券に交換することは違法?

日本でもカジノが合法化されるという、カジノ法案が注目をあびています。正式には「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案(IR推進法)」といいます。現在はカジノは刑法の賭博罪で違法とされていますが、特別に法律ができればカジノだけは特別に合法となります。すでに競馬や競輪などは特別法によって合法とされています。パチンコは微妙なラインですが、景品に交換する場所が店外にあることから違法ではないということになっているようです。もしも日本でカジノが合法になると、日本は世界でも有数のカジノ大国となると予想されています。しかし現在では反対意見も多く、カジノはまだ合法化されていません。カジノが合法化されるという噂を利用した詐欺なども登場しているので注意をしておきましょう。

カジノ法案に対する反対意見としては、ギャンブル依存症の増加、治安の悪化、マネーロンダリングに使われることに対する懸念などがあるようです。2020年の東京オリンピックに向けてカジノ合法化が進むと言われていますが、まだ実現はしていない状況です。カジノ法案に関する動きはこれから本格化していくことでしょう。実は現在でも、ネットカジノならば利用をしている日本人がいます。日本国内ではカジノは違法ですが、海外にサーバーがあるネットカジノではその国の法律が適用されるので、その国でカジノが合法ならば問題ないということになっています。どうしてもカジノで遊びたいという人は、海外にサーバーがあるネットカジノを利用しましょう。
オンカジブログ記事確認しましたか?「セブカジノホテルランキング&比較評判

ネットカジノで遊んでも現金に交換をしなければ違法ではないという考え方があります。刑法の賭博罪では「賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。」と書かれています。賭博とは金銭や品物をかけてギャンブルを行うことですので、金券に交換をした場合でも違法になると考えられます。金券は特定のショップでしか使えず、使用期限がついていることもあるので、現金とは異なります。しかし、賭博とは必ずしも現金をかけることだけを指さないので、金券をかけた場合でも違法の疑いが強いでしょう。しかし、パチンコのように、景品交換所を店外に置くことで、お店自体はアミューズメントの場所であると主張しているケースもあります。ネットカジノでも、サイトではポイントをもらえるのみであり、別のサイトでそのポイントを金券などに交換できるというように工夫されている場合には違法性を逃れる可能性はあります。

オンラインカジノは違法ではないのか

ギャンブルに関しては日本には賭博罪という法律があり、国によってきめられている競馬や競艇、競輪や宝くじなど以外にお金を賭けて遊ぶことは禁止されています。友達どうしても厳密にはお金を賭けてゲームなどをしてしまうと、場合によっては賭博罪で逮捕されてしまいます。
ではオンラインカジノは違法ではないのかと疑問に思うかもしれません。オンラインカジノで逮捕者が出た事例もあるのですが、結果的には裁判になって不起訴という結果になっています。つまり違法ではないというわけです。では合法なのかといわれると、これも疑問符がついてしまいます。今最も勝ちやすいギャンブル勝率ランキングです!オンラインカジノは?←オンカジ最新情報こちらもチェック

オンラインカジノは合法でも違法でもない、グレーゾーンなのが現状です。なぜならオンラインカジノに関する法律が今のところはないからです。法律がないのですから、インターネットでお金を賭けてゲームを行っても罰することができないわけです。
ただし日本でオンラインで運営されている場合は、これは賭博罪に当たるので注意しましょう。サイトを選ぶときにはちゃんと海外の企業が運営していて、ライセンスを取得しているかどうかを確認しましょう。海外ならば賭博罪にはならないので、お金を賭けてゲームをしても大丈夫だといえます。

ネットカジノの客が逮捕されてしまうことはないのか

ネットカジノは、日本では違法です。ただし、海外では合法な国もあります。合法な国なら、ライセンスを得て営業することができますから、運営しても問題ありません。日本では、開くことは明確に違法です。参加することについては、もし日本の業者が開いて、国内でそれに参加すれば、賭博に参加したことになるため違法です。しかし、海外で合法的に運営されているネットカジノに参加した場合は、本来であれば賭博をしていることになりますが、摘発されることはありません。

過去に、客が逮捕されたことはあります。オンカジブログ記事確認しましたか?「w88カジノのススメ」 これは、一応は海外のカジノに参加していた事例ですが、決済代行をしていた業者が日本の業者で、そこが胴元とみなされて、そこを通して参加していた客が逮捕されました。このように、胴元とみなされてしまった業者がいたので、客が逮捕されてしまいましたが、結局のところは、海外でお子合われているネットカジノに参加することが法的にどうなのかという判断は具体的には固まっていません。

ただ、少なくとも、運営主体が国外の会社である場合は、決済代行業者があっせんしたというような事情がない限り、現状では逮捕されることはありません。もちろん、今後どのような扱いになるかはわかりません。法律の解釈の問題であるため、もしかしたらそのうち変わる可能性もあります。したがって、プレイするかどうかは自己責任です。

海外のネットカジノの中にも、合法でないところはあります。ライセンスを取得していないところです。それは、利用しないようにしないと、トラブルに巻き込まれてしまう危険があるため、注意する必要があります。合法的に運営しているところは、きちんとライセンスを政府から発行してもらっています。それがあるかどうかは、ホームページに掲載されているので、チェックしましょう。

また、優良業者は、第三者機関の認証も受けています。第三者機関は、ライセンスの発行とは別の審査を独自に行っています。独立した機関であるため、評価は客観的になされますし、適宜監視を行い、どれくらいおペイアウト率になっているかどうかや、プログラミングに不正がないかどうかなどのチェックも行います。したがって、しっかりとした第三者機関からの認証を受けているネットカジノは、プレイヤーは安心してゲームを楽しむことができるようになっています。また、運営実績が長い業者は、不正がないからこそ長く運営していることになるため、信頼できます。

ネットカジノは賭博罪になるのか

オンラインカジノを始めるのなら、ネットカジノが賭博罪に当たるのかどうなのかを考えてからプレイすることが大事です。まず賭博罪というのは国内にて賭博行為を行い、それらが摘発されることで罪となりますが、ネットカジノの場合にはプレイしている場所が国内であっても、サーバーが設置している国は外国ですから、事実上海外でプレイをしていることになります。このため賭博罪の成立とはならず、個人でプレイをしている限りは逮捕されることはありません。過去に摘発された例がありますが、それらはネットカジノを店舗型で経営していた例です。バーや闇カジノなどでお客さんを集めて賭博させることは、たとえ海外にサーバーを設置しているようなオンラインカジノの場合でも、賭博行為そのものを国内で行っているという解釈につながりますから、ネットカジノであっても違法なのです。店舗で勝手にオンラインカジノを顧客にやらせているというケースでは、確実に捜査当局の捜査のメスが入ると考えても問題はありません、なぜならば現在ではこうした違法賭博行為に対しては警察も摘発になっているからです。取り締まりの対象となるとまず最初に内偵捜査が入ります、その後賭博している所を確認できた場合には、証拠を固められたということにもなるので、後日捜査員が逮捕にむかいます。捜査員が入ってくるともう逃げることは出来ませんので、必ず身柄を勾留されて起訴されます。ネットカジノが賭博罪になるケースとして唯一なのが店舗型のお店を経営している場合ですから、これ以外のケースでは罪になることは無いのです。

例えば個人で自宅でいつもオンラインカジノをやっているという方や、空いた時間に外出先でやっている場合にも、その行為そのものは海外でやっているのとかわりませんので、問題になることがありません、オンラインカジノでいけないことは国内にて集金を行って賭博を顧客にさせるという行為そのものに問題が出てきますので、こうした例以外は逮捕されることはないのです。事実オンラインカジノの中には日本語対応ができるサイトも少なくはないので、なにかトラブルがあった時にもすぐさま日本語で対応してもらうことが可能です。オンラインカジノのサイトは様々なサイトが無数にありますから、それらの中から選択することがベストになってくる訳です。例えばヨーロッパの合法な国家に設置されているサイトや、アジアやアメリカの合法国家などで提供されているサービスも少なくありません。オンラインカジノを運営するためにはまず最初にゲームシステムの公平性や、当たり確率の調査などを国家が指定した検査機関が行う形になります。この時に少しでも不備があれば開業することが出来なかったり、延期になるので、オンラインカジノの経営者側はきちんとしたゲームシステムを揃えてから呼ぶことになります。

賭博罪が成立することがあるネットカジノは、至って健全な運営方法でサイト運営がなされていますので、ネットカジノを始める際には、しっかりと国家の認証評価機関から認定されているのかどうかを調べてみることにしましょう。安心してプレイできるオンラインカジノランキングなども参考にするといいですね。認証されているカジノならば不正にあたり操作をしていることもなく、一定の確率でボーナスゲームに入っていくものばかりですから、安心してプレイし続けられるというメリットが存在しています。日本国内からプレイをしても日本人が遊びやすいようにサイトの中の言語表示を日本語対応にしているサイトも中にはありますから、プレイする時になるべく外国語をつかうことなく遊べるカジノがないかどうかで探しているなら、ネットカジノをつかうことに決めてみましょう。オンラインでできる環境があればどこからでも接続できますので、暇な時に賭け事を楽しんでみたり、休日の楽しみに遊んだりするのも良いでしょう。もちろん賭け事ですから勝つ場合もあれば負ける場合もあります。やっているからと言ってすぐに賭博罪が成立するわけではなく、普通に遊ぶ分には問題がありませんので、賭博罪になるかどうかで気になっている方も個人で遊ぶだけならば罪に問われることはないと考えておくのが良いでしょう。

ネットカジノで遊ぶためにはインターネット接続ができる環境と、スマートフォンあるいはタブレットにパソコン等の端末が必要になりますから、これらを用意した上でプレイすることにしましょう。また賭博罪が成立してしまうような闇カジノなどには絶対に行かないようにして、個人間でネットカジノの賭博をするのも不法行為に当たりますから、原則的に1人だけでプレイすることが最善の方法となります。賭博罪が成立した例も過去にはありますが、ネットカジノを個人でプレイしている人がつかまったことはありませんので、ネットカジノをしようかどうかで悩んでいる方は、悩まずに決済サービスなどを通じて入金を行い、ネットカジノの楽しさを実感するためにもはじめましょう。