カジノ

カジノで必要な軍資金はどれくらい?

統合型リゾート整備推進法案が成立したため、今後カジノは私たちにとってより身近な場になるはずです。そんなカジノを楽しむためにはやはりお金が必要ですが、一体どれだけ用意するべきなのでしょうか。必要な軍資金の目安を調査してみました。

気になる軍資金についてですが、お金を使う用途としては「入場料・掛け金・チップ」というのが主となります。ゲームを楽しむためには掛け金が必要ですが、1万円準備したとしても全てを掛け金に回せるわけではないので、入場料やチップ代は別で準備しておくと気持ちよく遊ぶことができます。政府が発表した日本に出来るカジノの入場料は、日本人と日本在住の外国人両者とも6,000円となり、外国人観光客は無料になるとのことでした。入場料や最低掛け金は場所によって変化し、意外にもカジノの本場、ラスベガスは入場料が無料となっています。

掛け金についてもラスベガスを参考にして見ると、最低賭け金が5ドル程度のゲームが多いです。同じゲームでも、テーブルによって最低掛け金が違っていることもありますのでゲームプレイの際には目的の掛け金に合った卓につく必要があります。また、カジノは大人の社交場としての側面もあります。日本では習慣としてないことですが、ウエイトレスやディーラーにはチップを渡すことがマナーとして求められるのです。チップ料金は、ドリンクを受け取る時1ドルを渡す、ゲームに負けた時には支払わなくてもいいけれど勝った時には勝ち金の1割を渡すというのが一般的です。

カジノのゲームは簡単に出来るので人気となる

カジノのゲームは簡単に出来るので人気となりやすいと考えられます。簡単でなければすぐに結果が出ないという事もありますが、カジノは基本的に誰でも明確に勝敗が分かるようになっているという事が大切な要素という事になります。

パズルを解くかのような難解なゲームではカジノは盛り上がらないという事になるというわけです。ゲームが簡単だと運営側としてもメリットが多くなるという事もあると考えて良いでしょう。一つにはいかさまを簡単には出来なくなるという事があります。基本的にゲームが複雑になればなるほど隙が生じる可能性が多くなりますから、その隙をついてイカサマを仕掛けてくる人が必ず出てくるようになります。

お金がかかっているので、プレイヤーはどんな手段を使ってでも勝ちに来るという事を考えれば、運営側がその防止を考えるのは当然という事になります。そうなると、シンプルなもので、絶対にイカサマの出来ないものを考えることになるというわけです。最近ではコンピューターで乱数を発生させて、確率で勝敗を決めるような事をしているところがほとんどで、運営側ですから勝ち負けを制御できないようなシステムにしていますから、イカサマ防止はカジノの最重要課題となるというわけです。

カジノにイカサマは存在するか

カジノは常にイカサマの存在が気になるところですが、あるかないかといえばあるということになります。
世の中には無数の店がありますから、全ての店が不正をしていないとは言い切れず、実際に不正をしている店も少ないながら存在しますからイカサマ自体は存在します。
ただし、多くの人が思っているほどに多いものではなく、むしろ不正をもっとも警戒をしているのはカジノ側であることのほうが多いのです。

そもそもカジノはイカサマをしなくても、客が遊んでくれさえすれば儲かる仕組みになっているので、わざわざリスクをおって不正行為をする意味がありません。
それだけにカジノとしてはディーラーがあるいは客が不正を働くのではということの方を警戒しているので、運営側主導の不正はほぼ心配しなくて済むと言っても良いでしょう。
これはあくまでも信頼できる店の話であり、例えば日本に存在している裏賭場のような場所では場所には当てはまらないので注意しなければなりません。

逆に世界的にも有名なラスベガスであったりモナコといった場所であれば、国や地域全体で店の信用を大事にしていますから、これらの場所ではイカサマがある可能性は極めて低いものとなっています。
Vプリカ対応のオンラインカジノを紹介!VISAプリペイドカード←見ていない方はこちらもチェック

カジノのポーカーはレートを確認

カジノでポーカーを楽しむには国によりレートが違うので注意が必要です。日本から一番近いカジノでポーカーが利用できる国は韓国のソウルになります。一ドルから気軽に遊べるので、簡単にゲームを楽しむ旅行者が多いのが特徴です。中国の特別区であるマカオだと香港ドルがレートとして使用されることが多くなり、国によりそれぞれ異なるのでこれらの施設を利用する前に確認するのが重要なポイントになります。最低の掛け金などにより訪れる国を選ぶのは、旅行を兼ねて訪問する予定がある方にとって、基本的な特徴を確認するのが大事です。

フィリピンのカジノでのポーカーのレートはかなり安く、日本からの観光客がオンラインで遊ぶ感覚に近い金額で利用しています。海外でこれらの施設でゲームを楽しむには、最低の掛け金についてなどの基本的相場や遊び方を知る事です。予算を決めて無理のないようにする事で、観光などを兼ねて楽しめます。東南アジアの国は比較的にカジノでポーカーをかける際のレートがヨーロッパやアメリカより低い金額です。行きたい国にこれらの施設があるのを確認する以外に、場所によりこのゲームをしていない可能性があるので事前の確認が必要になります。
こちら見ていない方はチェック!
いちばん勝ちやすいギャンブルの勝率ランキングです!オンラインカジノは?

カジノに持つイメージは人それぞれ

オンカジマニア情報はこちら
ブラックジャックの最強攻略法はコレだ!プロの必勝法伝授!?
カジノに対して抱くイメージは本当に人によって様々です。やってみたい、楽しそう、お金が稼げるから挑戦してみたいとポジティブに捉えている方もいます。そうかと思えば、お金を使い込んでしまうなどギャンブル依存になりそう、支払いができなくて怖い人に追いかけられるのではないかと、ネガティブな気持ちで見ている方もいるのですから不思議なものです。良い面もあれば悪い面もあるというのはカジノに限ったことではありませんが、日本ではどちらかと言うとダークで暗い部分のほうにスポットが当てられることが多いのも現状です。

海外だとどちらかと言えば、レストランなどもあるため食事に出かけたりデートや歓談に出かける場所の一つとして利用されることも多いです。ラフな格好をしている人は少なく、きっちりとしたドレスコードを規範に男性はスーツを身に纏い、女性も華やかにカクテルドレスなどを着用して颯爽とした姿で過ごしているので、大人の社交場として利用されていました。法律もめまぐるしく変わる中で、これからはカジノという場所に対して持つイメージをもっと見直していく時が来ているのでしょう。流されることなく、自分の意見を持ってカジノに出かけて新しい世界に触れてみてください。

カジノのポーカーは勝てる余地がある

ギャンブルは勝てないと言いますが、カジノのポーカーに関して言えば勝てる余地は十分にあるものとなっています。
ただし、あくまでも人と勝負をするものに限った話ではなく、ビデオポーカーはカジノが勝つように設定されているので勝つことはできません。
ネットカジノおススメ情報はこちら注目のクラウンパースを紹介!(バーズウッドカジノ&ホテル)

対人戦であればなぜ勝つことができるのかと言うと、スキルの差がものを言うゲームであるためカジノ側にゲーム代を支払ってもスキルの差で相手を上回ることができれば勝つことができるためです。
他のゲームは完全に確率に支配をされていて、どうやっても勝つことができないようになっていますが、ポーカーは人間との勝負で実力があれば相手を負かせることができるので、相手を上回るだけの実力さえあればゲーム代を支払ってもまだお釣りが来るというわけです。

勝てる可能性のあるゲームではありますが、カジノで見知らぬ人と勝負をしようとする人は、それなりに腕に自信がある人達ばかりということになりますから、そのような相手に対して勝つことは容易ではありません。
技術を磨けば勝てる可能性は秘めていますが、相手も同じように努力をしているわけですから、勝てると思っていたけれども実はカモが自分だったということもあるだけに、ポーカーで勝つことは容易だと思ってはいけません。

日本の新しい産業カジノ統合リゾートirとは

2018年度の予算委員会によって、新しい経済対策の一環として制定されたのがirです。irとは聞きなれない言葉ですが、インタグラテッドリゾートの略で和訳すると統合リゾートといいます。これは各自治体が国に申請すれば、立地するための費用を補助してくれる代わりに宿泊施設や商業施設そして運動施設など大規模商業施設を建設するというものです。べつにこの段階であれば物珍しいものではないのですが、この統合リゾートが注目されるのは日本発のカジノ施設も含めて初めて設置することを考えた点といえます。
オンカジマニアブログ記事も一緒にどうぞ→今注目されているマイクロゲーミング社

なぜ統合リゾートirにカジノを加える算段になったのかというと、政権与党の考えでは外国人客を取り入れたいということです。日本には娯楽施設が少なく、日中は楽しい時間を過ごせるのですが午後7時以降の時間帯では楽しむものがないのが気になったのです。そこで午後7時以降でも楽しめる施設が必要と考え、そこで目をつけたのがカジノだったというわけになります。もちろんカジノが出来れば最初は物珍しさもあり、開幕当初から数年は国内外からお客が予想できるので活気付くのです。ただカジノには社会的に色々と不安視される部分が大きく、その副作用に各地自体と国が対応できるのか注目する点になります。

マカオのカジノではポーカーが盛んです

マカオのカジノは、世界のギャンブラーから愛されています。いまやその規模はラスベガスを抜いて世界一になったとのニュースも伝わってきたほどです。マカオに行くには東京から香港までが約4時間30分、そして香港からマカオまでが1~2時間ほどで合計6時間もあれば到着いたします。マカオではポーカーのできるカジノが幾つかあります。レートは他の国と比べてかなり高く、25/50HKD以上となっています。勝った場合の金額が大きくなりますので、全世界のポーカープロが虎視眈々と狙っているのです。人気が高いだけに、ポーカールームは待ち時間が長いことでも知られています。午後からですと10人以上のウェイティングも珍しくありません。なるべく朝早くに入るのがコツです。

ネットカジノマニアのブログビットコイン対応のオンラインカジノを調べました!(Bitcoin/日本語)の記事はもう見ましたか?
ポーカールームに行ったとき、まずは受付で参加の意思を伝えておいてからスタッフに案内してもらうことになります。空いているからといって勝手に座ってはいけません。もし満席の場合はウェイティングリストに名前が記入されるのです。このときは本名でなく、ニックネームで大丈夫です。ときおりスタッフから携帯番号を尋ねられることがありますが「持っていません」と答えます。あとは自分の順番が来るまで待つだけです。

カジノは運営側になるのがベスト

カジノを楽しみたいという人はかなりいると考えられますが、カジノは自分がプレイヤーになるよりも、運営側になってプレイを楽しんでもらうという事をした方が格段にメリットがあるという事になります。基本的にカジノは運営側が確実に儲かるシステムになっているので、利益を上げるという事を考えるのであれば、運営側になるしかありません。

カジノでたまたま勝って嬉しい思いをすることもあるかもしれませんが、運営側になれば確実に儲けることが出来るわけですから、これはメリット以外は無いといっても良いぐらいです。
カジノ法案も成立して、今ではビジネスとして認められるものともなったわけですから、プレイヤーとして参加するのではなく、ビジネスとしてこれを考える方になった方がよりその旨味を味わう事が出来るものとなるでしょう。

政府は税金として30%モノ高い税金をかけることを決定しましたが、それでも大きな税収を見込むことが出来るぐらいのものとなっているのです。それらは全てプレイヤーが払うお金で賄われることになるわけですから、これが如何に凄いリスクなのかという事が分かります。ギャンブルは全てプレイヤーになった時点で完全敗北していると考える必要があります。

日本のカジノでポーカーを行う時に注意したいこと

日本でもカジノが解禁され、もうしばらくすれば日本に居ながらにしてカジノに興じることができるようになります。その一方で、日本人だからこそ気をつけて参加しないといけないゲームもあります。それがポーカーです。基本的には1つのテーブルに複数の人物が参加し、その人たちの賭け金によって報酬が変わってしまいます。いい役が出たからといって嬉々とした顔になってしまうと、今回は勝負しないでおこうと思われてしまい、思ったような報酬が得られません。反対に、そこまでちゃんとした役ではないのにブラフによってみんなが大勝負に出て、ツーペアのような役で勝ってしまうこともあります。要するに、駆け引きになりやすく、日本人には弱い部分です。

世界のポーカーの大会を見るとほとんどの人がサングラスをつけていますが、目の動きを見られないようにするためです。このような当たり前の対策を引っ提げて来日するプロがたくさん来た時に場合によってはそうした人と対峙しなくてはなりません。ゲームセンターでやっていたからルールは知っているとばかりに参加すると痛い目を見ます。お金を賭ける分、これまでのポーカーとは異質になることを踏まえて参加することをおすすめします。
初心者必見の記事をまだ見ていない方は確認!
ついに仮想通貨カジノスロットゲームが登場した!ビットコイン導入へ