カジノ

過去にネットカジノの客が逮捕されたことがある

日本には現在、店舗型のカジノはありません。しかし、日本国内でもカジノを楽しむことはできます。なぜなら、ネットカジノというものがあるからです。これは、インターネット上で、無店舗型なので、違法ではありません。したがって、日本でもプレイすることができるといえます。さらに、やることは実際のカジノとほとんど変わりがありません。賭けるのも実際のお金ですし、プレイできるゲームも、ルーレットやバカラ、スクラッチといったカジノの定番ゲームになります。そのため、国内でカジノを楽しみたいと思っている人にとっては最高のサービスです。しかし、日本の企業ではなく海外の企業が提供しているサービスがほとんどですので、ネットカジノを利用する際はしっかりと自分の個人情報を守れるようにしなければなりません。

ネットカジノを初めて利用する人に一番お勧めしたいゲームはスクラッチです。なぜなら、特別な知s機や戦法を一切知らなくても稼ぐことができるからです。ほかのゲームの場合だと、知識が必要になったり、経験がものをいう場合もあります。しかし、スクラッチならばそういったものは一切必要ありません。スクラッチで稼ぐためには、大きい当たりを狙わないということが一番重要です。小さい当たりも積み上げていけば大きくなります。塵も積もれば山となるということを肝に銘じてプレイすることが、スクラッチで稼ぐコツです。しかし、スクラッチはほとんどが運による勝負です。そのため、当たるときは当たりますし、当たらないときは当たりません。そのため、いつ辞めるかということもスクラッチで稼ぐうえで重要になります。
オンカジ最新おススメの情報はこちら「カンボジアカジノホテルランキング&比較評判

ネットカジノを利用することは、違法ではありませんが、過去に客が逮捕されたという事案があります。しかし、逮捕されたということと有罪であるということは結びつきません。そのため、逮捕されたからといって、犯罪行為をしたと確定されるわけではないのです。実際に、つかまってしまった人たちも裁判では無罪となり、罰せられることはありませんでした。この時に逮捕のきっかけとなったのは、客が利用していたネットカジノのサービスです。客が利用していたサービスは、海外が提供するサイトではあるものの、ほぼ日本人向けに作られていました。カジノが認可されていない日本で、そういったサイトを利用するのは違法ではないか、というのが逮捕理由になりました。しかし、この時の裁判で改めてネットカジノの利用は犯罪ではないと証明されたので、安心してプレイしてください。

ネットカジノの過去の判決について

ネットカジノやオンラインカジノは国内でやることは合法とされていますが、過去には逮捕者が出たケースも存在します。オンラインカジノをプレイして利益を得ていたプレイヤーが逮捕され起訴された事件では最終的に不起訴処分と言う判決が出ました。ネットカジノは国内で遊ぶのは違法ではないという解釈を前向きに判断しても良いということですから、大多数のネットカジノプレイヤーは適法でプレイをしていることになります。もちろん不正なツールを使うことは違法ですが、そうでない場合にルールを守ってプレイしている分にはまったく問題が出てくることはありません。オンラインカジノが問題になるとすれば税申告が無申告だった時がほとんどなので、税申告をきちんと行ってさえいればその所得も国内では合法な所得となります。

逮捕された人の内2人は略式起訴という形で罪を受け入れましたが、一人が徹底的に戦った結果として不起訴の判決を勝ち取れる形となりました。不起訴に至った理由は賭博は賭博をしていた人だけでなく、賭博を提供していた人も罰せられるべきであるという主張が認められたからです。賭博を提供している人はもちろんカジノ合法国家でオンラインカジノを運営していますから、それ自体に違法性を問うことはかなり困難です。その結果賭博をしていた人に対しての罪も不問となり最終的な裁判結果が不起訴処分の結果になったのです。プレイヤーは日本国内にいたとしてもサービスを提供しているサーバーが海外にある以上は取り締まることはかなり難しく、現時点ではネットカジノやオンラインカジノは日本国内でプレイするのも問題はないのです。
ネットカジノブログ「オンラインカジノで勝つ方法&勝ち方の法則」のお得な最新記事はこちら

今回の判決は海外のサーバーのオンラインカジノでの事案ですから、もし日本国内にサーバーがあるサイトで賭博行為が行われていた場合にはこの限りではありません。日本では賭博を原則的に禁止していますのでそこでサーバーを設置してオンラインカジノを運営することは違法です。結果的に賭博していた人も提供していた人も逮捕という形になるので国内サーバーのネットカジノがあった場合にはプレイしてはいけません。海外のサーバーのカジノを選ぶときにもカジノ合法国で認証機関の検査をクリアしたサイトを中心にやるようにしましょう。カジノ合法国家の認証をもらっているネットカジノというのはその国でも合法として認められているのでまったく違法性はなく、当然のごとく国内でプレイしている人も罪に問われることはないのです。

ネズミ講のネットカジノには要注意

海外旅行をしてカジノに行ってプレイしたらいきなり大当たりが出てしっかり稼いだという話や、何気ない気持ちで遊んでみたらいつの間にか勝ち進んで大金が手に入ったという話はよく耳にしますが、実際に自分が大金持ちになれるチャンスはなかなかありません。そんなときチャレンジしてみたいのがオンライン上のネットカジノで、海外に行かなくても本場のカジノのような雰囲気を味わいながら楽しくゲームをして、ポーカーやブラックジャック、ルーレット、スロットマシンなどで勝てば賞金が手に入ります。しかし、ネットカジノの中には残念ながら悪質な商売をしているサイトもあり、特に勧誘がしつこいサイトはネズミ講になっていて引っかかるとお金を稼ぐよりも損してしまう確率のほうが高くなったりするため注意が必要です。
ネットカジノブログ「パリジャンマカオカジノホテル」のお得な最新記事はこちら

親しい友人や知人ではなく、ほとんど面識のない人からネットカジノの入会を勧められたり、ネット上で知り合った人に特定のカジノへ参加することを強く推されたりしたときは、ネズミ式に会員を増やそうとしているサインだと思って警戒しましょう。多くのカジノでは会員が自分の紹介で新規の会員を獲得するとボーナスがもらえるシステムを導入しているので、カジノのゲームで稼げない人は会員を勧誘する方法でお金を稼ごうとします。ネットカジノに入会すること自体は問題ありませんが、無料と言っていたのに実際には高額の入会金を取られたり、最初の登録手数料などという名目で何万円も振り込むことになったり、自分も別の会員を勧誘することを強要されるなどトラブルになるケースもあるので、安全性を確かめておきましょう。

全てのネットカジノが悪質なわけではなく、安全に遊べて本当に無料のサイトもたくさんあります。特にスロットマシンはルールを知らない初心者でも簡単に始められるゲームなので人気があり、どのサイトでも必ずといってよいほど設置してあって、ジャックポットを当てれば大金が手に入ります。世界的に知名度があって会員数も多いサイトなら経営もしっかりしているので、何かあったときに日本語で対応してもらえたりユーザー間のトラブルやシステム障害などのときにも素早く解決してもらえます。あまり知られていないサイトや海外の小国に本社があって怪しい会社が運営しているサイトだと、カジノの遊びよりもネズミ講に力を入れて経営していることも多いので、ネットカジノを選ぶときは経営体制も考えるようにしましょう。

オンラインカジノは違法なのかどうか

日本では、賭博行為を行う場合は違法行為とみなされ、賭博罪に処される可能性があります。その為、オンラインカジノも日本では違法行為と言う事になりますが、実はパチンコやパチスロも同様に違法行為となります。しかし、実際にはパチンコやパチスロをした人が逮捕されているわけではありません。オンカジマニアブログの記事「カジクラカジノまとめ」はこちら? 実は法には抜け道が存在している場合もあり、その点をしっかりと満たしていれば、違法行為とはならないからです。パチンコぱパチスロの場合は、お店で現金を渡すのではなく、お店は景品を渡し、違うお店が景品を買い取っている為、賭博罪には当てはまらないのです。

もちろんオンラインカジノも実は賭博罪で立件される事は現時点ではありません。実は、賭博罪では賭博は胴元と張子の両方を揃った状態で捕まえないと成立しないからです。オンラインカジノの場合は胴元を日本に置いていないので、張子の方しか逮捕する事はできません。勿論胴元は海外で法律に従って合法的に運営されているので、結果的に胴元の逮捕には至らない仕組みです。 その為、オンラインカジノをプレイしたとしても捕まる事は非常に少ないのが現状です。ただ中には違法な所も存在しているので、適当にサイトを探してそこので火事のを楽しむのはあまりお勧めされる方法ではありません。またサイトの中には違法と言う所も有りますが、それ以外にもいかさまをしていて絶対に勝つことができない店も有ります。勿論中には買っても出金できない所とか、中には利用するとウィルスに感染してしまう所も有り、全てが安全という訳ではありません。出来るだけ安全にプレイする為にも、なるべく信用できる所を利用する事、さらにネット上でできるだけ個人を明かさない様にするというのも重要になります。

基本的にオンラインカジノ自体は賭博罪に当てはまる可能性があるので、100%安全と言う事ではありません。また、海外の胴元であれば全て安全かというと決してそうではなく、海外でもオンラインカジノ自体が合法ではないとみなされている所も存在しています。その場合、胴元と張子の両方を捕まえることが出来る事になるので、ただ単にカジノをオンラインで楽しんでいるだけだったとしても、自分がつかまってしまう可能性は十分あります。出来るだけ勝って利益を出したいと思っている人も少なくありませんが、勝ってオンラインカジノの楽しさをより感じる為にも、まずは合法に運営されている所でプレイするというのが基本です。

名古屋で発生した摘発の心配がないネットカジノ

名古屋で摘発されたネットカジノの事件は、店舗で客にサービスを提供したのが問題です。
具体的には海外のネットカジノと繋がったパソコンを用意して、そこで賭けさせた点が国内法の賭博行為に問われています。
また裏組織の資金源になっていることも問題視されているので、個人がネットカジノで楽しむのとは事情が違います。
実際に名古屋で起きたケースでは、摘発による突入を想定してかコンクリートや鉄製の扉で補強を行っていたほどです。
つまり問題を認識しつつサービスを提供していたことから、サービスの提供方法に問題があるといえます。

一方の個人向けネットカジノはそのような心配がなく、名古屋のように摘発が起こる可能性は限りなくゼロです。
これには勿論安全に遊ぶ為のポイントがあるので、ポイントを理解しながら遊ぶ先を選ぶことが大切です。
摘発が起こる理由があるとしたらそれは、社会的に問題があると判断される場合に限られます。
ネットカジノは総じて賭博行為だと思われますが、海外の多くの国では合法で日本でも議論の対象となっています。
日本では特に裏組織の資金源になることを恐れているので、厳格な管理下なら認められる可能性があります。

海外においては運営の透明化促進とライセンス性を導入したことで、ネットカジノの安全性や合法性が高まりました。
大手のサービスはいずれかの政府の許可を得ていますし、数十年もの経営実績を積み重ねているカジノがある位です。
日本からのアクセスも歓迎されていますから、実際に参加して名古屋の事例との違いを確かめてみることができます。
摘発を受ける心配がないのは厳格な管理体制を見ると分かりますし、安心感も名古屋のそれとは大きく異なります。
海外の個人向けネットカジノでは、出金時に本人確認の手続が必ずあります。

これは賞金の獲得者を明確にするのが目的で、裏組織に資金を流出したり資金源にならない為です。
賞金を出金しようとすると必ず発生しますし、最低でも一度は身分を証明しなければいけないので手間です。
しかしこの仕組みが用意されているお陰で、ゲームの参加者は安心して遊べるようになっています。
ネットカジノを検討するならこういった厳格な仕組みがあって、摘発される恐れのないサービスが狙い目です。

中でも老舗は安全性とサポートの充実に加えて、入金時にボーナスが受け取れる嬉しい魅力もあります。
獲得したボーナスと入金した資金を活用することで、様々なゲームに挑戦するチャンスを手にできます。
バカラは賞金の支払い率が優れたいわゆる期待値の高いゲームです。オンカジ情報最新のおススメはこちら「ビットカジノのノウハウ大公開
賭けた額に近いリターンに期待できるので、長期的な戦略が立てられる上に大きな賞金の獲得も目指せます。

オンラインカジノの摘発について

オンラインカジノは海外のサーバーに存在し基本的に世界中の人々を顧客としています。日本から海外のサイトにアクセスすることについては明確な法規制がないので、原則として合法として扱われます。一方で日本国内でオンラインカジノに関わっていた会社の運営者やユーザーが逮捕される事例も起きています。まず2016年2月には千葉県警がオンラインカジノの利用者に決済サービスを提供していた会社の運営者を常習賭博の容疑で摘発しました。同時に数名のユーザーも略式起訴を受けています。この事例ではユーザーのうち数名が争ったところ、最終的には不起訴処分となりました。また2016年の3月と11月には京都府警が別の事件を摘発しています。3月の事例では海外にあるオンラインカジノのユーザーが摘発され、11月の事例では海外でオンラインカジノを経営していた国内の会社の運営者が摘発されました。

これらの事例に共通するのは実質的に日本人だけを対象として国内で賭博場を開帳したのと同じ状態だったことです。2月の千葉県警による摘発事例ではサイト自体は海外のものでしたが決済サービスが国内で行われていました。また京都府警による3月の事例ではサイト自体は海外に存在しても、特に日本人を対象としてサービスが提供されていた点が問題となっています。11月の事例では国内に存在する会社が日本人のみを対象として海外でオンラインカジノを運営していた点に問題がありました。

警察により摘発された事例では実質的に国内で賭博場が開帳されていたという事実があります。一方で日本国内では海外のカジノサイトにアクセスすることについて明確な法規制が存在しません。2016年2月の千葉の事例ではユーザーも略式起訴されていますが、最終的には不起訴処分とされました。不起訴処分とは嫌疑がないか不十分な場合に出される処分で、実質的な無罪を意味します。
仮想通貨カジノスロットゲームが登場!ビットコイン導入へ」こちらも確認!

日本国内から海外のサイトにアクセスして利用すること自体は法規制がないため合法です。しかし実質的に日本人だけを顧客とし、日本国内で賭博場を開くのと同視される場合には違法と判断されます。海外に存在するサイトで世界中の人々を顧客としているものであれば、合法の範囲内で遊ぶことができます。日本国内でも競馬や競輪などのギャンブルが例外的に認められています。一方でオンラインカジノは競馬や競輪などよりも利益率が高いため人気があり、日本からも多くのユーザーがアクセスしてギャンブルを楽しんでいます。

ネットカジノは日本だと賭博罪にあたる可能性

ネットカジノは、外国においては合法である国も多いです。しかし、日本では違法です。賭博自体が禁止されていて、日本で合法的に運営できる賭博は、特別法によって許されている公営ギャンブルだけです。それ以外は、運営をすると賭博開帳図利罪にあたりますし、参加をした場合は賭博罪にあたります。そのため、ネットカジノは日本で運営することができません。
ただし、諸外国で合法的に運営されているネットカジノに参加をする分においては、特に罪に問われることがないのが現状です。これは、外国で合法的に運営されているという点と、サーバーは外国にある点が強く影響していると考えられます。ただし、実質的に日本人が日本人向けに海外のネットカジノを運営してプレイさせていたという事例においては、摘発された事例があります。
オンカジ情報最新のおススメはこちら「オカダマニラベイリゾーツカジノホテル(フィリピン)

摘発されるかどうかについては、警察のさじ加減によって変わってきます。以前、外国の運営主体が運営していて、日本の業者が送金を行っていたという事例において、送金業者が実質的に運営者であると見られて摘発され、客も逮捕されたという事例があります。これにおいては、客側の一部が争って不起訴になっています。このように、現行法が改正されていなくても、法の解釈次第でどのようになるかわからないというのが、日本で海外のネットカジノに参加した場合の結論です。基本的には逮捕されることはありませんが、日本の業者が運営に関与したケースで摘発されることが多いです。そのため、もしやるのであれば自己責任でありますが、外国の業者が運営しており、日本人がかかわっていない所に参加するのが賢いといえるでしょう。

日本では、ネットカジノがありませんが、海外の合法的に運営されているところの中には、日本語対応になっているところもあります。つまり、ゲーム画面が日本語になっていて、日本語以外の言語がわからない場合であっても遊ぶことができます。そのため、もし遊ぶのであれば、こういったネットカジノを利用すると、言葉の壁という、ゲーム本来とは異なる壁にぶつかることはなくなります。日本語対応しているところも、大手であれば確実に運営主体は日本ではありませんから、プレイをしたことによって摘発されてしまう可能性は低いです。また、きちんとした運営主体によって運営されているネットカジノであれば、入金したお金が払い戻されないということはありませんし、配当率もきちんとしていて、いかさまなどはありません。

ネットカジノは合法化されるのか?

インターネット上には多数のネットカジノが存在しており、日本語に対応しているサイトも少なくありません。単純にメニューなどが日本語化されているだけで、実際のサポートは英語が必要になるサイトもありますが、中には日本人スタッフによる対応をしているところもあり、国内にいながら本場のカジノを味わうことができるところもあります。

日本ではカジノを合法化にするかどうか検討されている段階ですので、もちろん国内にネットカジノを運営している会社は存在していません。法律で規制されているのは運営側に関してであり、日本人が海外のネットカジノを利用すること自体は問題ありません。それは日本人がラスベガスやマカオに行き、現地のカジノで遊んだからと言って違法にならないのと一緒です。逆を言えばネットカジノを利用することに関しては法律自体が存在していないため、まだ整備されていないのが現状なのです。違法ではありませんが、利用は自己責任で行わなくてはならず、もしトラブルに巻き込まれてしまったとしても自分で解決しなくてはなりません。

しかしネットカジノは非常に透明性の高い運営を行っているため、ルールさえ守っていればトラブルに巻き込まれる危険性は少ないでしょう。トラブルを避けるためにもできるだけ日本語サポートに対応しているところを選ぶのが良いです。特に入出金関係はトラブルが起きやすいので、事前にルールをしっかりと把握しておき、入金額に応じたボーナスをもらう場合には出金条件がつかないかチェックしておきましょう。中には入金不要のボーナスが貰えるネットカジノもありますので、情報は逐一チェックしておくとお得です。
カジノを合法化している国は130か国ほどありますが、ネットカジノに関する法整備も進んでおり、80か国近くが法律で正式に認めるようになってきました。中には国がライセンスを管理して厳しく規制しているところもあり、胴元がユーザーから搾取するようなことはできないようになっています。ネットカジノにはゲームもたくさんの種類があり、高クオリティーな映像によるオンラインスロットの他、リアルタイム中継されているルーレットやポーカーなども楽しむことができます。

気になるのがペイアウト率です。実際に店舗を構えているカジノでは様々な運営コストがかかっています。フロアに配備されている警備員の人件費やディーラー、機械を動かすための電気代やメンテナンス費用、土地代、清掃代などです。一方ネットカジノはこうしたコストの大部分をカットすることができるため、非常に少ない経費で経営をすることができています。その分ペイアウトを高くすることができるため、ネットカジノのスロットは実際の店舗型カジノのものよりも当たりを引く確率が高く設定されています。ユーザーにとっても気軽にいつでもプレイをすることができますので、ペイアウト率の高さと利便性が人気を押し上げている秘訣ともいえるでしょう。最近ではスマートフォンに対応しているサイトも増えてきているため、外出中のちょっとした小さな時間でも遊ぶことができます。日本人のスマートフォン普及率は非常に高いので、合法化されることになればさらにユーザーも増えていくことでしょう。

合法化されることは後ろめたい気持ちがなくなるだけでなく、確実にユーザーにとってもメリットが発生します。法整備が進むことによって入出金方法が増え、入出金にかかる手間やコストを少なくすることができるようになります。現在はクレジットカードやビットコイン、海外発行のプリペイドカード、電子マネーが主な入出金方法です。円に対応しているサイトも少ないのですが、日本で合法化されることになれば円を導入するネットカジノも増えることが予想されます。同じ通貨を使って取引をすることができれば、為替変動による損失を気にする必要もなくなります。

合法化するためには様々な課題もクリアしていかなくてはなりません。現在懸念されているのが、ギャンブル依存症になってしまう人への対応です。大部分の人は自分で規制することができますが、プレイヤーの数%程度が依存症になる可能性があると言われているため、アフターケアも提供していく必要があります。カジノを合法化することによって海外からのお客さんが増え、外貨獲得チャンスも生まれます。そのため外国人が増えることによって治安が悪化するのではないかという声もあります。しかし海外のカジノタウンを見ても、治安が悪化するような例は少なく、カジノは日本人にも雇用創出の機会を与えてくれます。ネットカジノが合法化されればオンラインスロットを開発することもできるようになるため、国内のゲーム会社やネット関係の会社でも制作が可能になります。何か新しいことをすれば必ずそれによるデメリットもありますが、保守的になりすぎずに世界の流れを見て、日本も法改正をしていく必要があるでしょう。

ネットカジノをやると捕まるの?

ネットカジノをやると捕まるという噂がありますが、それは事実ではありません。日本の刑法では賭博罪と常習賭博罪という罪が定められているので、店舗ではもちろん、インターネット上でカジノをプレイしたら捕まります。ただし、賭博罪や常習賭博罪はお金をかけなければ成立しないので、リアルマネーをかけないカジノならば問題はありません。日本のサイトでもお金をかけないものや、現実の通貨ではなくインターネット上だけで使えるポイントをもらえるようなカジノならばあります。

電子マネーなどに交換できるポイントがお金にあたるかどうかという問題もあります。現在のところは、電子マネーなどは使用期限などが定められており、ショッピングなど特定の目的にしか使えないので、お金にはあたらず、賭博罪は成立しないようです。
日本でもお金をかけなかったり、ポイントをかけることができるカジノならば存在しています。しかし、リアルマネーをかけたネットカジノは基本的に存在していません。リアルマネーをかけてしまうと賭博罪や常習賭博罪にあたり、捕まるからです。ネットカジノを運営している会社だけでなく、そこでプレイしている人も捕まる可能性があります。

しかし、インターネットでネットカジノを遊んでいる人の多くは刑法には違反していません。それはなぜかというと、海外のサイトを利用しているという理由が大きいでしょう。海外にサーバーがおかれている場合には、海外の法律が適用されるようです。海外にサーバーがおかれていても、国内でカジノをプレイしていたら違法になるという法律がある国もあるようですが、日本では現在のところは、そのような法律はありません。
日本では、日本の住所でネットカジノをプレイしていても、サーバーが海外にあるならば違法とはならないようです。将来的にはネットカジノ自体を違法とする法律ができる可能性はあります。しかし、現在のところは違法とはなっていないので、安心してプレイをして大丈夫です。

まとめると、ネットカジノをプレイしても、リアルマネーをかけていないか、もしくはサーバーが海外にあるならば違法ではありません。しかし、積極的に法律によって認められている行為ではないので、法律による保護は十分ではないと考えておきましょう。もしもトラブルがあっても、運営している会社が海外にある場合には、請求をしたり、裁判をやるためのハードルはとても高いです。弁護士費用なども高額になるでしょう。しっかりと安全性の高いサイトであることを検証しておきましょう。
オンカジ情報最新のおススメはこちら「ブラックジャックを確率論&運で攻略!優位性を保つプロのかけ方

ネットカジノと十三で摘発された闇カジノは別物

現行の法律では、日本国内でカジノを運営することは、例えオンラインでも禁止されており、先日も大阪、十三でインターネットを利用した闇カジノが摘発されたばかりです。しかしながら、ラスベガスやシンガポールといった、本場のカジノに行ったことがある人々は、1日も早く日本にカジノができることを待ち望んでいます。というのも、カジノの還元率は約97%と高率であり、日本の公営ギャンブルである競馬は約75%、最もポピュラーなパチンコでさえ約85%ですから足元にも及びません。したがって、カジノであれば、パチンコよりも高確率で稼ぐことができると思っている人が大半なのです。もちろん、単純に比較すれば、パチンコよりもネットカジノの方が稼げることは間違いありませんが、あくまでも優良なサイトを選んだ場合であり、十三の闇カジノなどで稼ぐことはできません。

そこで、パチンコよりも大きく稼ぐためには、優良なサイトを探す必要があります。ここで、大前提となるのが海外のサイトであることです。十三の闇カジノが摘発されたように、日本国内でカジノを運営することは法律で禁じられていますから、日本国内で運営されているものは、海外と同じサービス内容であっても違法ですから、優良であるとは言えません。したがって、海外で運営されており、その国のライセンスを取得したサイトであることが必須となります。というのも、ライセンスを取得した場合、運営者は、正しい還元率やサービス内容、売上げなどをその国に報告した上で、税金を支払わなければなりません。もちろん、虚偽の報告は許されませんから、優良なサイトであるか否かは一目瞭然となるのです。
オンカジ最新情報は「ワンダリーノカジノの評価評判/口コミレビュー」の記事がおススメ

こういった優良なネットカジノを探し出すには、口コミサイトがとても参考になります。口コミサイトでは、ユーザーからの生の声が聞けることは当然として、様々なネットカジノの紹介が成されていますから、ライセンス情報が掲載されている場合もあります。加えて企業が投資家や株主に対して提供するIR情報には、業績や今後のサービス展開にかかる方針などが含まれていますから、健全経営を行っているかが一目瞭然です。こういったIR情報については、公式サイトなどで確認することができます。つまり、こういった方法で検証した結果、優良だと判断されたネットカジノであれば、還元率についても信用のできるものですから、パチンコよりも稼ぐことは可能だと言えます。