カジノで必要な軍資金はどれくらい?

統合型リゾート整備推進法案が成立したため、今後カジノは私たちにとってより身近な場になるはずです。そんなカジノを楽しむためにはやはりお金が必要ですが、一体どれだけ用意するべきなのでしょうか。必要な軍資金の目安を調査してみました。

気になる軍資金についてですが、お金を使う用途としては「入場料・掛け金・チップ」というのが主となります。ゲームを楽しむためには掛け金が必要ですが、1万円準備したとしても全てを掛け金に回せるわけではないので、入場料やチップ代は別で準備しておくと気持ちよく遊ぶことができます。政府が発表した日本に出来るカジノの入場料は、日本人と日本在住の外国人両者とも6,000円となり、外国人観光客は無料になるとのことでした。入場料や最低掛け金は場所によって変化し、意外にもカジノの本場、ラスベガスは入場料が無料となっています。

掛け金についてもラスベガスを参考にして見ると、最低賭け金が5ドル程度のゲームが多いです。同じゲームでも、テーブルによって最低掛け金が違っていることもありますのでゲームプレイの際には目的の掛け金に合った卓につく必要があります。また、カジノは大人の社交場としての側面もあります。日本では習慣としてないことですが、ウエイトレスやディーラーにはチップを渡すことがマナーとして求められるのです。チップ料金は、ドリンクを受け取る時1ドルを渡す、ゲームに負けた時には支払わなくてもいいけれど勝った時には勝ち金の1割を渡すというのが一般的です。